留学がつらくなった時の対処法

今回は留学がつらくなった時の対処法について解説していきます。

留学先で辛くなったことがある人も多いと思います。

なのでカナダの高校に一年間いた僕が思う対処法について解説します。

留学がつらくなった時の対処法は

 

  • 留学に来た目的を再確認する
  • 現地の友達と話す
  • 他の留学生が話している体験談を聞く

の3つです。それぞれ深ぼってぼって解説していきます。

 

留学に来た目的を再確認する

それぞれ留学に来た人は一人一人の目標や目的があると思います。

なのでまずはなんのために留学にきたか考えてみてください。

 

その目標や目的を達成出来た後の自分を考えてみてみましょう。

そこには必ず留学に行く前の自分とは違う自分になっているはずです。

もう一度、なぜ留学に来たのかその目的を辛くなったら再確認しましょう。

 

留学生の友達と話す

留学中に辛くなったら現地の友達に話しを聞いてみてもらいましょう。

同じ留学生でもいいと思います。

留学先の友達に自分がなぜつらいのか、留学を通してどういう自分になりたいかを話してみてください。

その友達は自分の力になってくれると思います。

留学生の友達は同じような悩みなどを持っている人も多いと思います。

留学生の友達はその人が経験してきたこと、辛かった時どうやって乗り越えてきたかを教えてもらえると思います。

自分の弱さを人に見せるというのはすごい怖いし、簡単なことではないと思います。

本当に信頼している人なら悩みを受け止めてくれると思います。

ただ友達と一緒につらいことや困難を乗り越えていければかけがえのない仲間ができることは間違いありません。

友達の作り方がわからないという人は留学先で友達を作る方法【裏技あり】を読んでみてください。

 

他の留学生が話している体験談を聞く

今の時代はこのブログもそうですが、Youtubeやtwitterなど今はたくさん情報を得られる時代になりました。

僕はよく留学の様子をYoutubeにあげている人達の動画をよく見ていました。

留学生の友達と同じようにその人たちが辛かったことやどうやって解決していたかを知ることが出来ると思います。

最後に

留学に行って出てくる悩みはそう簡単に解決できることは多くありません。

しっかり自分自身と向き合うことが重要だと僕は思います。

ただ僕が伝えたいのは留学中に経験したことの全ては将来の糧になるということです。

僕自身もtwitterをやっているのでなんでもDMを送っていただければ話せます。

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taiga

一年間カナダに高校留学していました。(半年寮、半年ホームステイ)留学生活を通して得ることのできた経験や感じたこと、英語学習について発信しています。