【留学】親の説得方法を教えちゃいます

留学に行きたいけどどうやって親を説得すればいいかわからない。

そんな疑問にお答えします。

結論から言うと親を説得するために大切なことは

  • 留学後の計画を説明する
  • 費用を出来るだけ安くするようにする
  • 自分の留学に対する思いを伝える

の2つです。それぞれ詳しく解説していきます。

留学後の計画を説明する

親は自分たちの進路を気にしていると思います。

仮に留学先の高校を卒業するとなると卒業するタイミングがもともとの学年より一個下になったりします。(アメリカやカナダは6月に卒業だから)

そこで大事になるのは留学後の計画を説明することです。

自分自身で親も納得するような進路を示すことで親がそれに共感してくれたら留学の説得が上手くいく可能性が高くなると思います。

例としては

  • カナダの高校を卒業した後一個下の学年の早稲田大学の国際教養学部に入る。
  • 交換留学に一年間行ってその後英語の入試を利用して大学受験する。

などがあります。

これは具体的であれば具体的であるほど効果的だと思います。

留学した後自分はどういう風になりたいかのプランを入念に練って説明ができるようにしましょう。

 

費用を出来るだけ安くするようにする

これは当然といえば当然です。

自分のお金だけで留学に行ける学生なんてそうそう居ません。

エージェントを使った留学だとどうしても金額が増えてしまいます。

なので僕がおすすめするのは交換留学です。

交換留学は自分の行きたい場所を選ぶことはできませんがそれでも行くメリットは十分にあります。

ただし、交換留学は審査が必要なので留学に行きたいと考えているなら英語の学習は怠らずに行うようにしましょう。

 

自分の留学に対する思いを伝える

親を説得する上で一番大切なのがこの留学に対する思いを伝えることです。

自分はなぜ留学に行きたいのか、自分は留学に行ってどういう風に変わりたいのか。

それをまずは自分自身で考えてください。

親は言ってしまえば投資家です。

その親を動かすには結局自分の熱い気持ちが一番伝わると思います。

なので自分の思いのたけを一度全部ぶつけてみてはどうでしょうか。

最後に

僕はもしもあなたが留学に行きたいと思っているなら絶対に行くことおすすめします。

カナダに留学してみて感じたメリット3選 でも解説していますが僕自身もカナダに一年間留学に行ってさまざまな価値観に出会えることが出来ました。

留学に行くことでしか経験できないことがたくさんあります。

そのためには親の協力は不可欠です。

もう一度自分自身を見つめなおして海外に飛び立ちましょう!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    taiga

    一年間カナダに高校留学していました。(半年寮、半年ホームステイ)留学生活を通して得ることのできた経験や感じたこと、英語学習について発信しています。