カナダの寮のルールを紹介【高校留学】

今回はカナダの高校の寮のルールについて解説していきたいと思います。

僕はカナダに一年間留学してそのうちの半年間を寮ですごしました。

なので今回は僕のいた寮のルールについて説明していきます。

僕のいた寮の主なルールは

  • カーフュータイム
  • スタディタイム
  • 掃除当番

の3つです。それぞれ具体的に解説していきます。

カーフュータイム

カーフュータイムというのは門限のことです。

このカーフュータイムの前までに部屋に戻っていなくてはいけません。

僕のいた寮のカーフュータイムは

  • 次の日に学校があるとき

22:00

  • 次の日が休みの時

23:00

でした。もしもこの時間の後にシャワーを浴びてることがばれるとスマホを次の日まで没収されてしまうこともあります。

また、もしも悪い行いをしたりしたらこのカーフュータイムが早くなってしまうこともあります。

朝は6時以降から寮の外に出ることが出来ます。

長期休みの時昼夜逆転した人達が朝6時からマックに行ってたりしました。

またWifiが切れる時間も決まっていて

  • 次の日に学校があるとき

23:00

  • 次の日が休みの時

25:00

の時間になっています。

ただ学校側に部屋の近い人達は学校のWifiを使ってパソコン使ってたりしました笑

 

カーフュータイムはありますが休日にはパーミッションという許可をもらうことでこの時間の後に他の人の部屋に遊びにいくことができちゃいます!!

またスリープオーバーというのもあって上記のパーミッションを取ったらその友達の部屋で寝ることが出来ました。

スタディタイム

夕方の18:00から19:00まで寮の生徒は学校の図書館で一時間勉強しなくてはいけませんでした。

この時間を使って学校の課題などを終わらせます。

またパソコンも使えるのでエッセイなどの課題もすることが出来ました。

喋り厳禁、ゲーム禁止など勉強以外のことは基本的にできませんでしたがというルールがありましたがみんなこっそりゲームとかネットフリックとか見てましたね(笑)

途中でスタディタイムは成績が悪い人だけになったのですが僕がいなくなった後にまた復活したそうです。

掃除当番

この掃除当番はカフュータイムの前に決められた場所を1週間毎日綺麗にしなければいけません。

ただ掃除当番はほとんど回ってこなくて確か半年間で2、3回しか回ってきませんでした。

終わったら寮母さんにチェックしてもらってOKが出たらそれでその日の掃除はおしまいです。

大体5分くらいで終わります。

 

今回は僕のいたカナダの寮のルールを紹介しました!

寮はこういうルール(特にカフュータイム)を破るのがえぐテンション上がります(笑)

ルールを破るときは自己責任で!

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taiga

一年間カナダに高校留学していました。(半年寮、半年ホームステイ)留学生活を通して得ることのできた経験や感じたこと、英語学習について発信しています。