ネットフリックスでみれるデニーロ作品おすすめ5選

 

誰もが知る名優、ロバート・デ・ニーロの作品がなんとネットフリックスで見れてしまいます!
現在見られる作品(2020年2月8日)の中でおすすめの作品を5つ紹介していきます。

 

ネットフリックスでみれるデニーロ作品おすすめ5選

タクシードライバー (1976年公開)

 

言わずと知れた名作、タクシードライバーもネットフリックスで見れちゃいます。不眠症に悩まされている元海兵のトラヴィスをデニーロが演じています。俺に言ってるの?(you talkin’ to me?) のセリフは2005年に選出した「アメリカ映画の名セリフベスト100」の10位に選ばれています。そしてこのセリフなんとデニーロのアドリブ!流石です。

 

グッドフェローズ (1990年公開)

実在の人物をモデルに“グッドフェローズ”と呼ばれるギャングたちの生き様を描くドラマ。ヘンリー・ヒル(レイ・リオッタ)は幼い頃より、“グッドフェローズ”と呼ばれるマフィアの世界に憧れ、12歳の時からブルックリンの街を牛耳るポール・“ポーリー”・シセロのもとで使い走りを始める。やがてヘンリーは本物のマフィアとして、強奪専門の仲間たちと共に荒仕事に手を染める日々を送るようになる。

 

昼下がり、ローマの恋 (2011年公開)

イタリアの男女の恋模様を描く恋愛映画。ローマのとあるアパートに暮らす住人たちが繰り広げる三つのラブストーリー!「若者の恋」、「熟年の恋」、「老いらくの恋」という3つの恋愛物語で構成されていてデニーロは「老いらくの恋」に出演しています。

 

マイインターン (2015年公開)

物語の中心はファッションサイトを経営・管理する会社の社長をしているジュールズとそこにシニア・インターンとしてやってきたデニーロ演じる40歳も年上のベン。ジュールズは最初のうちはベンをうっとうしく思っていたが、次第に信頼と友情が芽生えていく。二人が繰り広げるヒューマンコメディ映画です!

 

アイリッシュマン (2019年 ネットフリックス独占配信)

“もしもロバート・デ・ニーロがいなかったら”のキャッチフレーズの広告が話題になっていましたね。裏社会のボスに長年仕えてきた殺し屋が自らの半生を振り返るという実話をもとにした作品です。半生を描いているのでデニーロの20代の姿もCG技術によって蘇っています。3時間29分の大作です。

 

 


 

 

いかがだったでしょうか?70年代から40年以上も第一線で活躍しているロバート・デ・ニーロの作品の紹介でした。

是非この機会にネットフリックスに加入している人は見てみてください。

僕はレナードの朝という作品がデニーロ作品で一番好きなのでそちらもチェックしてみてください!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taiga

一年間カナダに高校留学していました。(半年寮、半年ホームステイ)留学生活を通して得ることのできた経験や感じたこと、英語学習について発信しています。