留学に行くと決めた理由【体験談】

僕は高校二年生の冬から一年間カナダに高校留学していました。

半年間寮に行ってその後ホームステイに移りました。

そこで今回は僕が日本の高校を辞めてなぜ高校留学に行くことを決めたのかまた、留学する前に何を考えていたのかを解説していこうと思います。

結論から言うとなんとなくです。

留学に行こうと思い始めた理由

まず僕が初めに留学に行こうと思い始めた理由は高校の部活です。

僕は高校で野球部に入ったのですが周りはめっちゃ上手いしそこでの練習がきつすぎてもう死にかけの状態でした。

そこで高2の夏に友達がカナダに行ったという話を夏休みの時に聞いてそこから興味が出始めてその一週間後頃には既に留学することを自分の中で決めていました。

そして夏休みが明けて担任の先生に留学するというむねを打ち明けました。

高校留学する国をカナダに決めた理由

僕の中では出来るだけ早く留学に行きたいという思いがありました。

出来る事なら9月からに間に合わないかなと思っていました。

また僕は元々アメリカに行こうと思っていましたが、アメリカの高校は英検とかTOEICが必要だったのでその当時検定とかを取る気力もなかった僕は一番すぐ行けるカナダに決めました。

寮に行くことを決めた理由

僕は留学に行くなら絶対に寮がいいと思っていました。

その一番の理由は色んな国の同年代の人と話がしたいと思っていたからです。

カナダの公立高校には寮がある高校が3つしかなかったのでほとんど確定で学校は絞られました。

留学に行くことを決めた最終的な理由

僕が留学に行くことを決めた最終的な理由は人生このまま行きたくなかったという理由です。

割と僕は成績がいいほうで指定校推薦で大学に行くかーという雰囲気でした。

ただ僕は中学のときから就職したくない。普通の人生を送りたくない。

という気持ちがとても強くありました。

僕はこのままそこそこの大学に行ってしまったら妥協して自分が就職してしまうんではないかという気持ちが強くありました。

留学に行ったらなにか変わるという保障はなにもありませんでしたし自分自身も英語が好きだったり得意だったという分けではありませんでした。

ただ見えない何かに惹かれて留学に行くことを決めました。

最後に

今回は留学に行くと決めた理由を解説しました。

自分のようなケースはなかなか無いと思いますが一つの事例として見ていただけたら嬉しいです。

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

関連記事はこちら

カナダに留学してみて感じたメリット3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taiga

一年間カナダに高校留学していました。(半年寮、半年ホームステイ)留学生活を通して得ることのできた経験や感じたこと、英語学習について発信しています。