言語を学ぶ意味とは何か

僕はカナダに一年間留学していました。

その一年間で多少は英語が話せるようにはなりました。

現在は中国語を勉強し始めました。(超初心者)

留学の経験を通して気が付いた言語を学ぶ意味について今回は解説していきます。

言語を学ぶメリットとは

言語学習するのはメリットがあるからですよね。

僕が思う言語を学ぶメリットとは

  • 最強のコミュニケーションツール
  • 自分の武器になる
  • 情報源が増える

の3つです。

それではそれぞれのことについて解説しています。

最強のコミュニケーションツール

日本語を話せる人口は世界に約1億2900万人ほどしかいません。

それに対して中国語を話せる人は約10億人、英語が話せる人は約15億人もいます。

言語を喋れるようになるだけで自分が話せる人が10倍近くに増えます!

アメリカに憧れてるという人や海外かっけーという人などそのような憧れを憧れだけで終わらせずにコミュニケーションを取れれば自分自身もその一員となることができます。

色んな人と話せるので、自分の価値観が広がる可能性がめっちゃ上がります。

自分の武器になる

これは資格などいおいての武器になります。

確かに最近はたくさんの人が英語を話せるようになっています。

ただそれでも英語の価値はまだあります。

また第三言語やそれ以上言語を話せるように慣れれば希少価値が上がります。

また自分をアピールすることが他にないという人は言語ができるようになればそれが立派なアピールポイントになります。

情報源が増える

先ほども話した通り言語を話す人数が10倍なら単純計算だとインターネットの情報も10倍になります。

情報量が多いとメディアリテラシーが求められますが、その分質の高い情報は得やすいと思います。

例えば僕はバスケットボールをやっているのですがYoutubeでバスケの練習方法を探したいときは日本語で探すとあまり見ることが出来ないのですが英語で調べるとこいつ絶対バスケ上手いだろって人が解説しています。

また、ハンドリングの練習方法を調べていたのですが英語がわからない人でも理解ことはできます。

他の言語で調べるということを覚えておくだけでインプットの量が絶大になります。

 

まとめ

ここまで言語を学ぶメリットを書いてきましたが僕が思う言語を学ぶ意味は多様性を学ぶということです。

言語を学ぶということはその国の文化を学ぶということでもあります。

文化を学ぶ上で国民性なども知ることができ結果的に多様性を学ぶことに繋がります。

これはあくまで僕の考えなので皆さんも言語学習を通して言語を学ぶ意味を見出してみて下さい。

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taiga

一年間カナダに高校留学していました。(半年寮、半年ホームステイ)留学生活を通して得ることのできた経験や感じたこと、英語学習について発信しています。