フランスの水はまずい?【絶対に買ってはいけない水】

水ほど生活において重要なことはないと思います。

僕はフランスに行って始めて水の大切さを実感しました。

フランスに僕は二週間ほど行く機会がありました。

なんとその時気温40度を超える日があって水がないと本当に死んでしまっていたと思います。

そこで絶望的にまずかった水と日本にも売っている素晴らしい水たちを紹介していきます。

フランスでまずかった水

まずい水
フランスでまずかった水は【Hepar】です。(読み方はエパー)

なんとこのHeparは超硬水!

なんかのサイトでは世界一硬い水と書かれていました。(真偽はようわからん)

一応成分とかいうやつを記載しておきますね。

カルシウム(Ca)・・・549 mg/l
マグネシウム(Mg)・・・119 mg/l
カリウム(K)・・・4.1 mg/l
ナトリウム(Na)・・・14.2 mg/l
サルフェート・・・・1479mg/l

このパッケージを見たらすぐに逃げましょう。

なぜか?

めちゃくちゃまずいからです。

スーパーの店頭には奴はいました。

そして甘ちゃんだった僕らは奴を買ってしまいました。

僕は友達と写真のような何本も入った水を買ったのですがもうその日から憂鬱でした(笑)

なんか水なのに味がするんです。

水なのにですよ!?

ワークショップ先の水道水の方がまだましということに気が付いて水道水を飲むようにしていました。

全部飲み切る前にこの後紹介する日本でも売っている水を購入しました。

フランスにも売っている美味しい水

フランスで買うべき水は

  • Evian(エヴィアン)
  • Volvic(ヴォルヴィック)

Evian(エヴィアン)

Evian(エヴィアン
成分はこちら

カルシウム・・・・ 78mg/l
マグネシウム・・・24mg/l
カリウム・・・・・1mg/l
ナトリウム・・・・5mg/l

エヴィアンは硬水に分類されます。

硬水といえども日本で売られているので安心感が半端ないです。

僕たちは日曜日にフランスに着いたのですがフランスを含むヨーロッパは日曜日はお店が閉まっているところが多くなんとか見つけることができました。

大事なポイントは味がしないということです。

Volvic(ヴォルヴィック)

Evian(エヴィアン

はっきり言って最強です。

フランスに行ったら水はこれを買っとけば問題ないです。

成分はこちら

カルシウム・・・・ 9,9mg/l
マグネシウム・・・6,1mg/l
カリウム・・・・・5,7mg/l
ナトリウム・・・・9,4mg/l

めちゃめちゃ美味しいです。

フランスで買える水の中で一番柔らかい水がこのヴォルヴィックだと思います。

Hepar(めちゃめちゃ硬い水)の後に買ったのでもう最高すぎでした!

一週間くらいたってからヴォルヴィックを買ってそこから残りの一週間はずっとヴォルヴィックで過ごしました。

ヴォルヴィックは最強なのでフランスに行ったらとりあえずヴォルヴィック買っとけば問題ないですね。

 

まとめ

Hepar(エパー)は絶対に買うな。

Volvic(ヴォルヴィック)をとりま買っとけば最強。

ひどい経験をしましたが今となってはいい思い出です(笑)

皆さんは失敗しないようにしてくださいね!

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    taiga

    一年間カナダに高校留学していました。(半年寮、半年ホームステイ)留学生活を通して得ることのできた経験や感じたこと、英語学習について発信しています。