【シティダンク2】初心者必読!絶対に覚えるべき3ヶ条

シティダンク2の初心者が必ず覚えたいこと3ヶ条

シティダンク2の初心者が必ず覚えたい3ヶ条は次の3つ。

  • マークの徹底
  • 背の低い選手でリバウンドに参加しない
  • 赤マー時のシュートを避ける

1.マークの徹底

マークシティダンク2においてマークをしっかりとすることが一番重要。

敵がボールを持っているとき、自分がマークすべき選手に緑色の扇マークが出てきます。

フリーでシュートを打たすのを避けるために相手選手の近くに張り付きましょう。

フリーでシュートを打たせては行けない理由

フリー
シティダンク2ではフリー状態でシュートを打つと、高確率でシュートが入ります。

ダンクシュートは止める事が難しいですが、2Pや3Pシュートはマークをしていれば敵がシュートを外す確率がか高まるのでフリーにさせないようにしましょう。

2.SG・PGはリバウンドには参加しない

リバウンド
PGやSGなど背の低い選手は、リバウンドに参加しては行けません。

CやPFなどの背が高くてリバウンド力のある選手に競り勝つことは無理なので諦めよう。

インサイドにいるだけ無駄。

SG・PGはリバウンド時に何をするべき?

sg・pg リバウンド
基本的には、攻撃時のリバウンドでは中入りすぎず、味方からのパスを貰える位置にいるべし。

敵のSGやPGに3Pを決められないように、マークは外さないようにしよう。

3.赤マーク状態でのシュートは避ける

赤マーク
自分がシュートを打つときにはマークがついてない状態で打ちましょう。

敵のマークにより扇マークが赤になっているときがマークされているとき。
妨害
この状態でシュートを打っても妨害をされて、シュートが入りずらくなる。

逆に緑色のときはマークされていないとき。

ドリブルやパスを駆使して、できる限り緑状態でのシュートを打つことを心がけよう。

初心者が知っておきたいテクニック

    • リバウンドを取るコツ
    • 3Pシュートを入れやすくするコツ

この2つを知っておこう。

リバウンドを上手くとるコツ

1.リバウンドマークをしっかり確認!

リバウンドマーク
リバウンド発生時には、足元にボールマークが出現する。このマークにしっかりと入ればリバウンドを獲得しやすいぞ!またマークに入っている場合は、移動キーを押さずにジャンプをしよう。

2.ボールが光ったらジャンプの合図

光る
落下してくるボールは一瞬光るタイミングがある。このタイミングを目安にジャンプを行うとリバウンドを制しやすいので要チェックだ!

3.斜めジャンプも使ってみよう

リバウンドには垂直ジャンプと斜めジャンプ2種類がある。

垂直ジャンプは移動キーを触らずにジャンプし、斜めジャンプは、移動キーを触りつつジャンプする。

ボールの真下を陣取れなかったときに斜めジャンプを使おう。

3Pを入れやすくするテクニック

1.フリーな状況を確保する

フリー
3Pは中々決まりづらいシュートのため、少しでも確率を上げるためにもフリーな状況でシュートを打とう。

2.ドリブルテクニックで敵を振り切る

ドリブル

敵が徹底的にマークをしていると3Pのチャンスが中々ないが、そういう時はドライブ(ドリブルスキル)で敵を振り切ろう。敵が近くにいすぎた場合は、よろけて置き去りにできるため、フリーな状況を作りやすいぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taiga

一年間カナダに高校留学していました。(半年寮、半年ホームステイ)留学生活を通して得ることのできた経験や感じたこと、英語学習について発信しています。