カナダの高校の体育の授業はどんな感じ?

今回はカナダの高校の体育の授業について書いていこうと思います。

カナダの時間割は半年に一回自分で決められるので僕は約半年間、毎日体育をしてました。

僕はスポーツが好きな人なのでとても楽しく授業を受けられました。

ではまずは僕が受けた体育の授業を紹介します。

      • 体力テスト
      • ラクロス
      • ハンドボール
      • ソフトボール
      • アメフト(タグ)
      • ラグビー (タグ)
      • スキューバダイビング
      • バレーボール
      • ドッジボール
      • ボーリング
      • キックベース
      • アルティメットフリスビー
      • ガーガ(超マイナースポーツ)

 

書き出してみたら意外とたくさんあって自分でも驚きました(笑)

まずは何個かこの中からピックアップして解説します。

体力テスト

体力テストは基本的に日本と同じです。

ちゃんと皆さんが好きなシャトルランもありますよ(笑)

ただ日本と違うのは長座体前屈がなくその代わり、懸垂と腕立て伏せが代わりにありした。

体力テストは一日だけで終わりました。

 

ラクロス

ラクロスは下の写真のようなステックを使うゲームで大まかなルールは大体サッカーと同じです。(相手の陣地のゴールに入れる)

日本ではあまり馴染みのないスポーツですが、カナダ人はこのスポーツが大好きな人が多くいます。

スーパーマーケットでもラクロスのステックが売ってあるくらいです!

もちろん僕はやったこともないので上手くできませんでしたがカナダ人のみんなはめっちゃ上手くてびっくりしました。

 

スキューバダイビング

なんと体育の授業でスキューバダイビングをしたんです

学校からバスでプールに行き、そこで行いました。

そこには専門の方がいてそこで酸素ボンベの使い方や、水圧の調整などのレクチャーをしていただきました。

初めての経験で少し怖かったですが無事潜ることが出来てよかったです。

 

カナダの体育の授業スタイル

僕のいた体育の授業は1、2週間2つくらいのスポーツをやって、また次の週は新しいスポーツをやってという感じです。

なので色々なスポーツをやることが出来ました。

筆記テストはあるにはありましたが、あまり成績には影響ありません。

成績は毎回の授業ごとにつけられていてその平均が自分のスコアになります。

 

カナダの体育の授業は男女混合

ここが一番、体育における日本の高校との違いだなと思いました。

色々チームでゲームをするときは均等に振り分けられてはいましたが、特に男子も手加減することなく、全員ガチでやっていました。

 

最後に

勝ち負けももちろんありましたが何よりみんな楽しそうに体育の授業を受けていたのが印象てきでした。

僕は運動がすごい好きなのでとてもこのクラスを取れてよかったです。

皆さんもカナダに留学したさい、機会あればとってみてください!

この記事が皆さんの参考になったなら幸いです。

関連記事はこちらから

カナダに留学してみて感じたメリット3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taiga

一年間カナダに高校留学していました。(半年寮、半年ホームステイ)留学生活を通して得ることのできた経験や感じたこと、英語学習について発信しています。